Composable CDP「Hightouch」

  • 顧客接点改革
  • データ分析・活用
  • IoT・ビッグデータ

Hightouchとは

Hightouchは、企業が保有する顧客データを収集、統合、分析するコンポーザブルカスタマーデータプラットフォーム(Composable CDP)です。従来型のCDPとは異なり、顧客データをCDP内で保持する必要がなく、既存のDHW等のデータ基盤と合わせて必要な機能だけを自由に組み合わせることが可能なため、セキュアで柔軟性の高い仕組みを構築できます。また、APIの開発が不要でGUIでの簡単な操作により、広告プラットフォーム、CRM、メールツールなどにリアルタイムにデータ連携できます。

 

Hightouchの主な特長

  • ターゲットオーディエンスの連携とターゲティング
    Hightouchを使用することで、自社の業務系システムから収集した購買データを活用し、顧客行動のトレンドや傾向を深く理解できます。これにより、特定の商品やサービスに関心を持っている顧客セグメントを特定し、パーソナライズされた広告やプロモーションを提供することができます。さらに、リアルタイムな顧客行動の把握と迅速なマーケティング戦略の調整が可能です。
  • コンバージョン拡充とROASの改善
    Hightouchを活用することで、自社の業務系システムから収集した購買データをオンラインデータと統合し、オフラインコンバージョンのトラッキングと分析が可能になります。これにより、店舗での購買データをオンラインの広告キャンペーンに関連付け、顧客のオフライン行動がオンライン広告のコンバージョンにどのように影響を与えるかを把握することができます。
    さらに、オフラインでの顧客行動データを活用することで、リアルタイムで顧客に対するパーソナライズされたメッセージやプロモーションを提供し、コンバージョン率を向上させることができます。
  • データ活用の効率化
    Hightouchを使用することで、直感的なGUIを通じてデータの絞り込みやセグメンテーションを行うことができます。これにより、データの分析やターゲット設定が容易になり、マーケターは効率的にデータを活用することができます。

従来型のCDPの課題

現代のマーケターは、顧客との関係を築くためにさまざまなデータを活用する必要があります。そのため、企業ではCDP(カスタマーデータプラットフォーム)の導入が進んでいますが、従来型のCDPでは以下のような課題に直面します。

  • 1.

    使いきれていない機能とセグメンテーションの困難さ

    多くのマーケターは、CDPが提供する機能の多様性に振り回されています。さらに、顧客セグメンテーションのプロセスが複雑で時間がかかることがあります。これにより、マーケティングキャンペーンのターゲット設定やパーソナライゼーションが困難になることがあります。
  • 2.

    パフォーマンスに不満

    一部のCDPは、大量のデータを効率的に処理することができず、パフォーマンスに問題が生じることがあります。特にリアルタイムなデータ活用を必要とする場合、これは大きな課題となります。マーケターは、リアルタイムで顧客行動を把握し、迅速に対応することが求められます。
  • 3.

    ガバナンスやデータ管理の課題

    CDPを利用する際には、データのセキュリティやプライバシーに関する規制への準拠が必要です。また、異なるデータソースからのデータを統合し、信頼性の高い顧客プロファイルを構築することも重要です。しかし、これらの作業は複雑で時間がかかる上に、データの品質や整合性に関する懸念があります。

Composable CDPとは

 

Composable CDPは、クライアントに合わせて柔軟なカスタマイズが可能なCDPのことです。
CDPを利用するマーケターが抱える課題を解決するために、ComposableCDPの導入が注目されています。この新しいアプローチにより、マーケターはより効率的にデータを活用し、顧客との関係を深化させることが可能になります。

電通総研のアプローチ

電通総研は、Composable CDPの実現に向けて独自のアプローチを提供します。電通グループとして、広告代理店とSIerの両方の視点からマーケティングの専門知識とシステム構築・運用能力を組み合わせ、顧客のビジネスニーズに応えます。

  • 広告代理店とSIerの両方の視点: 電通総研は、広告代理店としてのマーケティングの専門知識とSIerとしての経験を兼ね備えています。これにより、顧客のニーズや市場トレンドを深く理解しながら、確実なシステム構築・運用を実現します。
  • Hightouchマーケティング理解の豊富さ: 広告代理店としての豊富なマーケティング経験に基づき、顧客のニーズや市場トレンドを深く理解しています。これにより、Composable CDPを活用した効果的なマーケティング戦略の立案や実行をサポートします。
  • 確実なシステム構築・運用: SIerとしての経験と技術力を活かし、カスタムモデルの定義支援やCustomer Studioを活用したデータの絞り込みなど、確実なシステム構築・運用を実現します。高度な技術力と実績に基づき、顧客の要件に合わせた最適なソリューションを提供します。
  • データの安全な連携: 顧客のデータを確実に保護し、プライバシーを尊重します。自社データをHightouch上に安全に連携させる環境を構築し、データのセキュリティを確保します。
     

ユースケース1 オーディエンス連携によるターゲティング

自社の業務系システムから収集した購買データを活用することで、オンラインやオフラインでの顧客行動のトレンドや傾向をより深く理解することができます。例えば、顧客の購買履歴や店舗での行動履歴を統合し、特定の商品やサービスに関心を持っている顧客セグメントを特定することができます。その後、このセグメントに対して、パーソナライズされた広告やプロモーションを提供することで、顧客の関心や購買意欲を高めることができます。また、購買データを活用することで、顧客のニーズや行動パターンの変化をリアルタイムで把握し、迅速にマーケティング戦略を調整することが可能になります。

ユースケース2 コンバージョン拡充による広告の効率化

自社の業務系システムから収集した購買データを活用し、オフラインでの顧客行動をオンラインデータと統合することで、オフラインコンバージョンのトラッキングと分析が可能になります。例えば、店舗での購買データをオンラインの広告キャンペーンに関連付けることで、顧客のオフライン行動がオンライン広告のコンバージョンにどのように影響を与えているかを把握することができます。さらに、オフラインでの顧客行動デーHightouchタを活用することで、リアルタイムで顧客に対するパーソナライズされたメッセージやプロモーションを提供し、顧客の購買意欲を高めることができます。これにより、広告の効果を最大化し、広告予算の効率化を図ることができます。

関連ソリューション

スペシャルコンテンツ